講師:葛西眞彦

1977年10月26日生まれ青森県出身。

間接護身アドバイザー

某県において、知能犯係を中心に約11年勤務。詐欺罪等を中心に取り締まり
担当の刑事として勤務し、覚せい剤や暴力団などの組織犯罪対策業務も並行して経験。

危険な現場も多く、培った武術武道の技術がどうすれば現場で通じるかを研究。
現場での実践と訓練のずれをまとめながら、ランダムな状況の中で使える武器術を追求。
特に対刃物に特化した警棒と杖の使い方に習熟し、学んだ技術を独自に消化。

現在中国武術との融合を兼ねながら、さらなる研究を続けている。